2007年01月13日

ちょ!おま!またかYO!

2007_1_12.jpg

久方ぶりの通常日記更新!!
病院日記?なんじゃそりゃア(゜Д゜;)?

まーまー、それは置いといて。

先日実家に帰省していた時の話・・・
3人でお風呂入っていたわけでしてね
妹に泡風呂玉(?)を貰ったものですから
はしゃぎまくって遊んでいたわけで、、、


私も年甲斐も無く大騒ぎし、おもいっきり
バタ足で泡を作ったりし、風呂釜かあふれた泡が
洗い場を埋め真っ白の雲の上みたいになり子供達の
テンションもギュギューーーン!ですよ。
洗い場で頭と体に泡を付け、、

「おひめさまみたいや〜」(´▽`*)

と、ご満悦のサク、、、


しばらくするとサクが急に湯船にそそくさと入ってきた
急にどうしたのかな?と思っているとハナが奇声交じりで


「ギャー!ママ!ママ!何コレ!!!?」(`Д´;)



ソコには・・茶色の・・モニョッてる物体が(´・ω・`)・・・。
そして、遠くを見つめながら湯船に使っている娘2を引きずり出し
チョットのあいだママとハナでプチパニック☆ミ

ま、犯人は火を見るよりも明らかなのですが一応・・

ママ「な、な、これ、サクした?」(´ー`;)

サク「チガウでチガウで〜!サクチガウで〜」(゜□゜;)

ママ「違う事ないやん?ココ座ってたし?な?」(´ー`;)

と、問い詰めると

サク「チガウでチガウで〜・・なのなぁ、、サクなぁ、、


チョットぷーって
しただけ〜〜〜〜」(゜□゜;)




・・・・。



ママ・ハナ『お前だーーー

ーーーー!!!!』

(゜Д゜;)




ちょっと実がでちゃったのねん・・・。
お前はそんなんばっかりや!

===========================================

本日より子供の名前をHNに致しました(つД`*)
ちなみに過去ログの方はめんどくちゃいので修正はしません。
そんなバレバレなまっきんちこれからもよろしくっす!
posted by まっきん at 02:12| Comment(5) | TrackBack(0) | サク(次女) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

お久しぶりですすみません!

2007.jpg

あけましておめでとうごじゃりますルー!

更新滞っておりますが復活できるようがんばります☆

今年もまっきんちよろしくお願いしますm(__)m
posted by まっきん at 14:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

B病院での1ヵ月半〜入院生活B〜

2006_nyuin_3.jpg

てなわけで、もう病院の記憶も曖昧になってきたので
適当になってきますよーーーー(´Д`*)イツモノコト!イツモノコト!

兎に角A病院から原因不明のままB病院に搬送され
到着するやいなや、レントゲンやらなにやらと
検査をしている間私の不安はピークに達していたらしく
右耳が凄く聞こえが悪くなっていました(ストレスが耳にくるらしい)
終いにはズキズキと辺頭痛も併発・・・しかしA病院での迅速な
検査にて『胃軸捻転症』とわかり、命に
関わると言うことも無いとわかったとたん耳痛はぴたっと
止みました。人の精神の部分というのはなんか凄いなぁと
思ったのもつかの間、先生から説明があるのでと別室に呼ばれました。

なんでも、胃が上下逆にひっくりかえり、なおかつ
斜めにも少しねじれてる状態なんだそうで・・
それで胃に食べ物や飲み物を入れても腸の方に
流れていかなくてどんどん胃に溜まって膨張してた
との事でした。

『結局のところ手術しないと駄目なんですか?』

と聞くと

「手っ取り早く直すなら手術ですが、まず胃の膨張を
取ってしまわないと手術も出来ないし、その過程で
捻転も直る場合があるので取り合えずは様子みましょうか」


と、サキには鼻から管を入れ常に胃に溜まるもの(胃液やガス)
を外に出す処置と点滴を付けられそして絶食宣告を受け
数日を過ごした、、最初の1〜2日はサキの体力が落ちてたのもあり
あまり騒がず寝てる日々だったけど、お腹の腫れも引き少し
余裕が出だした頃の『お腹減ったよーーー!!』攻撃には参ったよ・・
こんな小さな子がご飯も水も飲めず泣きながら『ご飯食べたい・・』
ってすすり泣く姿を見て何度も泣いてしまいました(つДT*)

子供がたべれないもので、つい自分も食べる機会を失い(24時間看護
なので)数日まともに食べてない状態が続いた時。
軽い貧血みたいなのを起こし「これでは駄目だ、私が倒れると
看病する人もなくなるし、お腹の子にも悪い」
と意識改革!
看病は体力勝負だーーーーー!!とそこから3食ちゃんと摂る様にし
一番辛いのはサキだと自分に言い聞かせてました。

数日後のレントゲンの結果で捻転が取れている様だとわかり
流動食が始まったときのサキの笑顔、多分一生忘れれない
と思うくらい笑ってました、、そこからは1日ごとに食事の
レベルがアップしていき、ついには点滴も取れ、普通食に
なったのが8月の4日!サキの3歳のお誕生日〜でした。
先生にもちゃんと食事も摂れてるし、ウンチもでてますので
外科の先生に相談して了解を得たら退院の日決めましょうか?
と言われ、2日後に退院と決まり、さぁ、後は帰るだけ!
と退院前日の夜・・・・サキに異変が・・・・

また吐き出して、飲んで吐いての繰り返し・・これってデジャヴ?
夜だったので研修医っぽい先生しかおらず、とにかく翌朝まで
吐き倒して担当の先生を待ちました・・・・(TДT川)

朝になり先生たちの診察によると、また胃の膨張が始まって
腸へ流れなくなってるようで、また最初に逆戻り・・・・
気が遠くなるようでした。でも、まあ一旦退院してから
なるより、入院中に再発になったほうが良かった(ポジティブ大王)
と思い、、こう再発してしまうのならいっそ手術してしまおう
という事になりました。
posted by まっきん at 14:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

この夏最後の仕事・・

2006_9_16.jpg

9月の12日に産まれました〜!我が家の3人目ちゃん(´Д`人)

この夏はみんなそれぞれ頑張った夏だったよ〜!
コレでやっと一段落・・・かな??
臨月辺り色々あったから体調とか子供の事心配だったけど
他の2人の時より安産(入院してから4時間)で産まれたし
産後も子供もすこぶる元気!!!ありがたや〜〜(つДT*)

あ、まだ名前きまってないのでそれが決まって最後かな・・
まっきんちの夏・・・・(遠い目)

何はともあれ!3人目ちゃんもよろしくです!(´▽`*)ノシ
posted by まっきん at 20:56| Comment(11) | TrackBack(0) | ミノ(三女) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

A病院での5日間〜入院生活A〜

2006_nyuin_2.jpg

17日にA病院に運ばれた私達、、着いたすぐの診察では嘔吐を
繰り返す事で癖になってしまって止まらなくなってしまう事が
あるらしく、恐らくそれではないかな?と診断され、処置は
吐き気が治まるまで点滴と絶食・・・飲み物もあまり摂らない様に
との事でした。

でも、次の日になっても1日中吐いてるし、治まるどころかなんか
悪化してない?って状態に(TДT川)次の日もそんな状態でした。

先生は「う〜ん」と言うばかりで原因もわからないし、症状も
良くならないし!一体どうなってるの!?と毎日凄く不安でした。
サキの手を握って1日を過ごす毎日・・この頃が一番精神的に
辛い時期でした。

その頃からなんかサキのお腹が腫れている事に気が付き先生に

「なんかお腹が腫れてる気が・・・」

と聞いてみた所、先生は

『あ〜ガスが溜まってるんかな〜??』

と特に何もせず・・その後看護士さん2〜3人にもアピール
してみるものの、「先生に言っておきますね〜」と言うのみで
何も無いまま次の日に・・・・(TTДTT)

次の日も朝から先生に腫れてるとアピールし続けてやっと

『じゃあ、ちょっとガス抜いときますか〜』

とお尻からゴムチューブを入れガスを抜く処置をしたのですが
出てくるのはう○ちのみで、ガスが出ない。
じゃあ何だろうとそこから血液検査、CTなど、検査した所
血液検査では問題無しだったけど、CTで腫れているのが胃で
ある事が判り(お腹の中が殆ど胃に占領されてた・・)今度は
鼻からチューブで胃の中のものを抜いたところ約2gほどの
液体(胃液など)とガスが・・一旦お腹の腫れが無くなったので
サキも楽になったのか5日ぶり位に目を瞑って寝てました(涙)

先生の見解によると原因はよく判らない(死)けど胃がねじれて
食べたものや飲んだものが胃から腸へ流れない、だから胃に溜まって
腫れてくる
・・・と言うことで胃のねじれを戻すにはもう内科的処置
では限界があるらしく、外科的処置(つまり手術)になる、、と
そして、小児外科はうちの病院に無いので転院しないといけないですが
どうしましょう?と・・(゜Д゜川)

うちの実家県内でならココかココ!と言う病院が2つあるのですが
そのうちの1つ(B病院)がまだ実家に近かった為そちらを指定しました。

しかし受け入れ先の病院の先生が大きな手術中な為との事で転院は即日
は出来ず、次の日になるとこになりました。

結局この謎に満ちた5日間で私の妊婦生活では異例のこの時期(妊娠8ヶ
月)に体重2キロ減!!!と言う数値をたたき出しA病院を後にしました。
posted by まっきん at 16:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 病院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。